ロスミンローヤルとキミエホワイトを徹底的に比較!

シミや小じわ、肌荒れ対策に使えるロスミンローヤル。
そして、テレビCMでもお馴染みのキミエホワイトプラス(キミエホワイトが2016年にリニューアルしました)もロスミンローヤルと同じような効果が期待できるので、どちらを選べばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは両者を成分、効果、価格、飲み方の4点で比較してみます。

成分

キミエホワイトプラスに含まれている3個の有効成分(L-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム)はロスミンローヤルの22個の有効成分の中にすべて含まれています。

 

数が多いからいいというわけではありませんが、少なくともキミエホワイトプラスで期待できる効果はロスミンローヤルでは全て網羅されていることが分かります。

 

しかもロスミンローヤルの22個の有効成分うち生薬は8個、体にできるだけ負担をかけずに相乗的に高い効果を生み出すように工夫されています。

効果

両方ともシミとそばかすに対する効果は期待できます。

 

一方でロスミンローヤルは国内で唯一小じわへの効果が認められた医薬品です。

 

キミエホワイトプラスはロスミンローヤルと同じ第3類医薬品で通販専用の商品ですが、しわへの効果は期待できません。

 

実際に商品の効果効能の欄にも「しわ」とは書かれていません。

 

またロスミンローヤルは生薬の力で血行をよくする作用もあるため、肌の細胞にも栄養や酸素がしっかりと行き渡り、美肌効果も期待できます。

価格

ロスミンローヤル

通常価格 7,600円
定期コース

  • 初回価格 1,900円
  • 2回目以降 5,800円
  • 送料 無料
キミエホワイトプラス

通常価格 4,200円
定期コース

  • 初回価格 1,900円
  • 2回目以降 4,200円
  • 送料 700円(5,000円以上購入なら無料)

※送料以外の表示価格はいずれも税抜

 

それぞれ公式サイトの定期コースは初回価格こそ同じです。

 

ロスミンローヤルの方が成分数が多く、小じわへの効能が認められている分、値段が高くなるのはやむを得ません。

飲み方

ロスミンローヤルは1日3回、1回3錠。
錠剤が糖衣されているので、甘く感じます。

 

そしてキミエホワイトプラスは1日3回、1回1錠です。
リニューアル前は糖衣されていましたが「糖分が気になる」という声があり、糖衣は外されました。

 

どちらが飲みやすいかはその人次第ですが、甘味があった方が特に女性は飲みやすいと思います。

比較した結果、どっちがオススメなの?

ロスミンローヤルは、キミエホワイトプラスより有効成分の数が7倍以上多いです。

 

実際にパッケージに書かれている効果効能の数もロスミンローヤルは16個、キミエホワイトプラスは10個、その分値段が高いのは気になりますが、効果を求める人はロスミンローヤルを試した方がいいですね。

 

⇒ ロスミンローヤル現在の最安値