L-システインの特徴とシミに対する効果について

L-システインは体内の代謝を上げようとするアミノ酸の一種です。(髪の毛・爪・皮膚に多く含まれています)
消費はするのに日常生活から摂取することが難しく、「準必須アミノ酸」とも呼ばれている成分です。

 

どうしてL-システインがシミに効くのか?
その理由は「メラニン」と「代謝」への働きが大きく関係しています。

 

シミができるのは、

  1. 紫外線などの刺激を受けた肌がメラニン色素を生成する
  2. ダメージを受けて代謝が落ちると肌のターンオーバー(肌の生まれ変わるサイクル)が乱れる
  3. ターンオーバーが乱れると肌が活性化しなくなり、発生したメラニン色素を肌から追い出すことができず、どんどん蓄積される

このようにメラニン色素が発生→代謝が悪くなり追い出せなくなるのが原因です。

 

L-システインはメラニン色素を抑制し、シミの元を作り出しません。

 

そしてビタミンCと結びつくことで、色素沈着してしまった黒メラニンを無色化してくれる働きもあります。

 

また、肌の代謝を助けターンオーバーを正常化し、メラニン色素の排出にも効果的です。

 

スムーズに老廃物を追い出すことができると、メラニン色素が肌にとどまることがなく、シミのない肌を保てますよね。

 

他にもL-システインは、肌の酸化を防いだり、肌を活性化することでハリツヤのある肌にしてくれる効果も持っていて、色んな肌トラブルの改善が期待できます。

他にもあるシミに効果的な成分

ビタミンC誘導体

角質層に浸透しやすいビタミンCのことです。
メラニンの生成を抑制し、新しくシミを作り出しません。
また肌細胞を活性化しターンオーバーを整え、できてしまったシミを改善する働きもあります。

プラセンタ

胎児が成長するのに必要な、高純度な栄養素が含まれている胎盤から摘出した成分です。
新陳代謝を活発にする効果のあるプラセンタは、メラニン色素が黒くなるのを防ぎ、ターンオーバーを戻して排出を促します。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は、メラニンを作り出す「メラノサイト」をブロックし、メラニンの生成を抑えます。

ハイドロキノン

天然成分のハイドロキノンは、メラニンの生成を抑え、メラニンの色も薄くする効果があります。
シミを予防するだけでなく改善する働きがありますが、副作用の危険性が高いです。

 

ハイドロキノンの副作用は、「赤みやかぶれ」「シミの悪化」「白班(肌が必要以上に白くなってしまう現象)」があります。
効果はありますが、さまざまな副作用が報告されているので、避けた方が安全です。

> L-システインたっぷり配合 <
> ロスミンローヤルを最安値で <